【プロフィール】

青空ソーダ
アキーラさん

演劇unit 青空ソーダ

 

アキーラさんがプロデュースする

演劇unit。

 

生音楽と生芝居が特徴。

 

 

 

青空ソーダ
坂口寿夫とアキーラさん

 

演劇unit青空ソーダとは、内藤章とミュージシャンの坂口寿夫さんが演じる演劇unit。

 

他メンバーも含め、関西学院大学の軽音楽部出身の芝居素人集団。

 

2008年頃結成し、大阪・神戸で数々のイベントに進出。

 

芝居ができる環境ならば、舞台装置や照明や音響、衣装すらも必要なく肉体一つでできさえすればいいと思いながら活動を続ける。

 

活動方針やテーマなど高尚なものは皆無であり、少しでもエロスを感じる時と場所に赴き、メンバーとアキーラさんのお気に召すままに活動を続ける。

 

宇宙規模の世界感のあるストーリー構成と、音楽を演奏するが如くテンポのよい台詞展開のお芝居に定評があることにしている。

 

両者とも楽器を演奏できるので、劇中には生演奏が入ることがある。

 

セクシャルトークの限界に常に挑戦し、エロスとアガペーを追求している。

全知全能の神の如く、陰部に触れる生芝居は観るもの全てをエクスタシーの渦に引き込む、その演技はセックスアクションと呼ばれている。

 

青空ソーダ
第2回公演「児童相談所物語」